先輩たちからの声

CADCAM課  伊藤 弘朗

ITO

入社したきっかけは?

以前、所属していた会社では、3次元CADを使用した設計業務をしていたので、それを活かせる仕事がしたいと思い転職活動をしていました。その時に七宝金型に出会いました。

工業製品を作る金型を自社で設計から組立までを行い、面接時に「いいモノを創りたい」と言う技術者としての高い志に惹かれました。

未経験の分野でしたが、ぜひここでいいモノを創れる技術者になりたいと思い入社を決意しました。

現在の仕事の内容は?

放電加工で使用するグラファイト電極のモデリングと加工プログラムの作成が主な仕事です。

具体的には、3次元CADで放電加工が必要な部分の電極の3Dモデルを作ります。

作った電極の3Dモデルを、加工用プログラムを作るためのソフトに取り込み、使用する工具や加工方法を指示してプログラムを作ります。


今の仕事をして良かったと思うことは?

自分自身で作った加工プログラムで、高い品質の製品が仕上がった時は、モノ作りの仕事をして良かったと感じます。

そして、さらに良いモノを作ってやろうとする気持ちも大きくなります。


今まで七宝で仕事をして、印象に残っていること、失敗したこと

仕事になれてある程度たった時に、加工プログラムの初歩的な指示ミスで設計図とは異なる位置が加工されてしまったことです。

そのため、後工程の全てに迷惑をかけ、納期やコストの面で周囲に多大な迷惑をかけてしまったことです。

CADCAM課  山本 大雄

ITO

入社したきっかけは?

元々、車やバイクが好きでした。どんなことでもいいから、車に関わった仕事をやってみたいと考えていた所、この会社の募集を見つけ応募しました。

面接を受けた際に、非常に高い意識と熱意を持って取り組む姿を見て、この一員に加わりたいと思ったからです。

現在の仕事の内容は?

主に自動車部品用の金型の設計です。設計に入る前に、お客様と打ち合わせをして、仕様を決め、その仕様を元に、図面や部品表を作成しています。


今の仕事をして良かったと思うことは?

自分自身で設計した金型が、問題なく組み上がり、出荷されていくときは、達成感があります。お客様に評価して頂いたときはなおさらです。


今まで七宝で仕事をして、印象に残っていること、失敗したこと

納めた金型で、試し打ちをした際に、金型がかじってしまい、金型が動かなくなってしまったことです。

お客様に多大な迷惑をかけてしまいましたが、現場や先輩方の協力で、なんとか解決できたときはホットしました。

仕上課  山田 真由

ITO

入社したきっかけは?

元々は、フォークリフトがある物流関係に就職しようと思っていましたが、ダメだったため、学校から七宝金型の紹介がありました。

フォークリフトはめったに使用しないけれど、学校で取得したクレーンの資格が活かせて、興味のある自動車関係の金型を取り扱っているとういことで就職を決めました。

現在の仕事の内容は?

入社間もないため、先輩に教えてもらいながら、冷却マニフォールドの組立や金型に必要な部品の準備などをしています。まだまだ一つ一つが勉強中です。


今の仕事をして良かったと思うことは?

現在は、地道にコツコツと着実に実施していく作業が多いけど、金型が完成した時には、達成感があります。

モノ作りに対して、以前より興味が増したように思います。


今まで七宝で仕事をして、印象に残っていること、失敗したこと

金型には大小いろいろな種類があり、一つの金型を完成させるのに、たくさんの工程があることにびっくりしています。

また、作業一つ一つが0.1ミリ単位という細かい調整がいることにも驚いています。

早く仕事を覚え、先輩がいなくても金型を完成できるようになりたいと思っています。

機械課  池田 豊

ITO

入社したきっかけは?

工業高校を卒業後、新卒で入社しました。

幼いころから、モノづくりが好きで、型の形を作るという入社案内に、興味を魅かれたのが、入社のきっかけです。

現在の仕事の内容は?

機械のNCフライス盤を用いて、金型の部品加工が主な仕事です。図面との相違がないよう1/100ミリの世界で戦っています(笑)


今の仕事をして良かったと思うことは?

自分が手掛けた金型が完成した時に、達成感を感じます。特に、自分が加工した箇所は、はっきりと判りますので、達成感は高いと思います。


今まで七宝で仕事をして、印象に残っていること、失敗したこと

支給された図面やCAMプログラムの見違えで、部品の削り過ぎなどをし、納期やコストの面で周囲の人に迷惑をかけたことです。

そんな時には、課長や周囲の方の迅速な対応で、助けてもらっています。

SAMT(タイ子会社)  内田 宏典

ITO

入社したきっかけは?

工業高校を卒業して、他の会社に就職しましたが、たまたま高校の同級生で七宝金型に就職した友人から、七宝金型で従業員の募集をしているとの話があり、応募しました。

現在の仕事の内容は?

タイの子会社SAMTの第2工場が2013年8月に稼働しましたが、私は2013年1月からこの第2工場に勤務しています。

仕事としては、自分で機械加工もしますが、第2工場の機械課従業員の指導がメインの仕事です。


今の仕事をして良かったと思うことは?

現在の海外勤務ができたことが一番良かったことだと思います。日本では加工者として日々やっていましたが、タイでは指導者という立場もあります。

言葉の壁という問題がありますが、それを克服してタイの従業員に思いが通じたときや、実際の加工をしてタイの従業員がすごいと言ってくれた時は、今まで自分がやってきたことが無駄ではなかったと非常に嬉しく思います。


今まで七宝で仕事をして、印象に残っていること、失敗したこと

モノづくりの難しさや楽しさを、この会社で学びました。

失敗したことは、沢山ありすぎて。

ページトップへ